fc2ブログ

これで本当の最後です・・・

前回の投稿で終わりにしようと思いましたが、メールを整理中にとても悲しい質問をお受けいたしましたのでこれにお答えして最後にさせて頂こうと思います。

まず、質問の内容を簡単に説明させて頂きますと・・・
「あなたは手術をしてSEXがしたかったのですか?
この文章を読む限り、SEXがしたいのに出来ないので不満だとしか思えない。
私は手術をして3年経過していて問題はない。
あなたはSEXをしたくて手術を望んだとしか思えない。」

こう言ったものです。実際はもう少し、攻撃的な内容でしたがここでは控えさせていただきます。

まず初めにSEXがしたかったのかしたくなかったのかと言うところについては答えはイエスです。
SEXはしたいと考えます。
これはGIDであろうが、健常者である普通の女性であろうが、ほとんどの方が同じだと思いますが、愛する人がいて、たとえ子供が産めなくとも、互いに結ばれたいと思うのはごく自然な気持ちだと思います。
もちろん、プラトニックな関係で満足であり、それ以上は望まないと言う方もおられるでしょう。
しかし、私はそうは考えません。
 私は愛する人とたとえ子供を産むことが出来なかったとしても、SEXと言う行為によって結ばれたいと考えます。
これは誰に誹謗中傷されようが、反対されようが、考えが変わることはありません。

次にSEXがしたいのに出来なくて不満だとしか思えないとのことですが、言い方はさておき、核心としてはその通りです。
上記にも記しましたが、私には愛する人がいます。
その方とSEXという形で結ばれたいと考えています。
そしてもちろん、性別の違和による、性器への嫌悪と言う理由から手術を望んだと言う面も当然あります。
しかし、SEXを望まないと言う形での手術であるならば、その後のダイレーション等の困難を考えれば、造膣を行わないと言う選択肢も当然あり、私自身もその選択肢があることを認識しておりました。
しかし、私は上記の理由からその選択肢は望んでおらず、業者・病院との事前の説明においてもその事は明白であったと考えます。

最後にあなたはSEXをしたくて手術を望んだとしか思えないとのことですが、この文面だけを見るとまるでセックスだけをしたくて手術をしたのだろうと言うような印象を受けますが、そのようなことはありません。
もちろん、SEXをしたいからと言う理由も上記のような事から手術を決意する一つの要因になったことは間違いありません。
しかし、同時にそれだけが理由ではないと言うこともはっきりと申し上げさせて頂きます。
当然、性別違和による性器への嫌悪と言う理由もあり、最終的には性別を変更する事までを望み、その手段として・・・。そして、同時に愛する人とのSEXも望んだためです。
因みにただSEXをするだけなら、はっきりとは書きませんが手術をしなくとも他の方法もあると言う意見もあるでしょう。
しかし、それは個人の考え方にもよりますが、受け入れられない場合もあると言うことをお伝えしておきます。
他者への思いやりを持ち、気持ちを察しようとするならば、自ずからおわかり頂けるものと期待致します。

以上、ご質問にはお答えできたかと思います。
恐らく、この方はご自身は無事手術を終え、このようなトラブルもあると言うことが俄かには信じられないのか、はたまた、私自身の落ち度を指摘したい、またはSEXなどと言う行為は不毛だとの考えから来るものなのか、単純に身体的、精神的、あるいは環境的な要因でSEXと言う行為に及ぶことが出来ないための苛立ちからの中傷なのか、理由はわかりませんが、人それぞれ、考えがあり大切な思いと言うものがあるものです。
誹謗中傷・・・もちろん、この方にも受け入れがたい考えと言うものが存在するのでしょう。
しかし、だからと言って、その考えを一方的に他者に押し付けるような事は決して、好ましいことではありません。

もう一度、ハッキリと申し上げておきます。ここからは他のブログの読者の方にではなく、あなた御一人にだけ申し上げておきます。
いくら調べても、いくら準備をしてもトラブルが100パーセント起こらないと言うことは言えないのです。
あなたの場合は上手く行った。
もちろん、その成功の裏にはあなたの努力も大いに関係しているのでしょう。
しかし、あなたよりも私の方がもっと、努力をしたのかもしれませんよ?
短い文章の中では読み取れないかも知れませんが、手術を受けようとする者の中で、事前に調べ、成功できるように努力をしない者などいないのです。
あなたと私、その他大勢のこれから手術を受けようとするすべての方の努力とあなたの努力の度合いを比べることなど出来ないのです。
あなたはとても努力をし頑張った。
同時に私も出来うる限りの努力をし頑張ったつもりです。
そして、これから手術を受けようと決意する方はすべて、最大限の努力を行うことでしょう。
あなたと私、そしてこれから手術を行うすべての人・・・何も違いはないのです。
ただ一つ、違いがあるとすれば、あなたは手術に成功し、私は手術に失敗した。
そして、これから手術を行おうと言う方すべてが、成功するかも知れないし、失敗するかも知れないと言うことです。
それだけの事です。
その事を理由に私を蔑むならば、どうぞ気の済むまで蔑んで頂いて結構・・・甘んじて受け入れましょう。
その通りです。私はあなたが手に入れた手術の成功と言う現実を手に入れられず、一度は手術に失敗しました。
しかし、その後の自身の努力、またそれだけではない、まわりの大勢の方の支援を受け、最終的な成功を手に入れました。
それが現実の私の今の姿です。
蔑むのは勝手ですが、この事を持って、私自身は少しも恥じる事はなくまた、動じるものでもないと言うことをハッキリと申し上げておきます。
仮にもし、今後、あなたから実害を受ける事態に落ちいったとしても、私は一切動じることはなく、宣戦布告と受け止め、命がけであなたに対抗致します。たとえ、殺される事態に陥ろうともです。
そのつもりでお覚悟と誠実な行動をお願い致します。

最後に願わくば、もう少し他者への思いやりをもって、今後様々な事に接して頂ければ幸いです。

あなたのこれからの人生に幸多き事を願います。
ありがとう。
スポンサーサイト



テーマ : GID-性同一性障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

yukimkinoko

Author:yukimkinoko
男性から女性へ性別移行中の者です。所謂、MtFです。後進の方の参考になればと思います。現在、ガイドラインに沿ってホルモン療法、性転換手術と進んでいます。生活はほぼ、女性ですが、戸籍は男性、氏名も男の子です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
メールフォーム
ブログ内容などのお問い合わせやメッセージはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: