fc2ブログ

タイ手術体験 性別適合手術・・・失敗までの経緯と説明・・・2

前回の記事でも少し触れましたが、今回は手術が行われるまでの経緯を綴りたいと思います。

最初から順を追って説明して行きたいと思います。途中経過に何か私に落ち度があれば
今回の手術結果も致し方ないと諦めもつくのですが、特に私に落ち度があったとは思えません。

2011/1月・・・大体、この辺りの時期。
まず、性別適合手術(性転換手術、SRS手術)を決意し、お金も貯め、仕事を休職するなど
いろいろと手術にあたっての環境を整えた私は、ずっと、通っているジェンダークリニックの医師に
その事を伝えました。
とりあえず、順当に書類などを揃えて頂く段取りをお願いしました。
それと同時に単独での渡航ではやはり言葉も通じず不安なので、仲介して頂ける所謂、医療コーディネーター
とか医療アテンドとか呼び方はいろいろあるようですが、そういった会社を探し、依頼する旨を伝えました。
そうしたところ、ジェンダークリニックの医師から、個人で探し、問い合わせを行うとキチンと対応して
くれないこともあるので、こちらで業者を紹介すると言われ、とある業者を紹介して頂きました。
(その業者の名称や詳しい概要は後日、キッチリとこのブログで挙げて行きたいと思いますが
とりあえず、今はまだ、再手術が終わるまで現在進行中で対応を依頼しており、まだ心ある業者か
悪意のある業者か判断出来ない状況なので、すべてが終わってから公表したいと思います。
誹謗中傷はしたくないので、すべてが終わった段階で客観的に事実だけを綴りたいと思います。)

早速、ジェンダークリニックの医師から紹介を受けた業者へアポイントを取り、数日後に先方の事務所へ
行き、いろいろ質問をしてお話を伺ってきました。
事前の準備の事、痛みの程度、不便になるケース、タイの事や病院の事、ダイレーションの事
性交渉時の快感の有無、宿泊先のホテルの事、術後の活動範囲の制限の程度などなど・・・
そして、こちらの望みも伝えました。
望みと言ってもごく一般的な事で外観上あまりにも醜くならないようにし、感覚をしっかり残してセックスの
快感が得られるようにしてほしい事・・・性交渉を前提としているので、それが可能であること。
と、このような感じで特に言わなくても、わかりそうな事ばかりです。
造腟を行わなくて良いなどとは一言も言ってはおりませんでした。

続く・・・



人気ブログランキングへ
私のような体験をする人が一人でも居なくなるようにご支持頂ければ幸いです。

テーマ : GID-性同一性障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

yukimkinoko

Author:yukimkinoko
男性から女性へ性別移行中の者です。所謂、MtFです。後進の方の参考になればと思います。現在、ガイドラインに沿ってホルモン療法、性転換手術と進んでいます。生活はほぼ、女性ですが、戸籍は男性、氏名も男の子です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム
ブログ内容などのお問い合わせやメッセージはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: